PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お盆
0
    JUGEMテーマ:モブログ


    お盆にはいりましたね〜

    「皆さん、お盆は、ご先祖様がお戻りになる時です。

    普段、お墓参りになかなか行けない方も、

    日頃のお礼の気持ちをご先祖様に伝えるいい機会ではないでしょうか?

    お盆の間だけでもキキョウ、萩、ホオズキなどのお花を飾り、

    お供え物とお水を供えて先祖様の霊に手を合わせお線香も必ずたきましょう。

    ご先祖への気持ちを大切にしてくださいね。」

    と、まるで私が説法しているみたいなのですが、

    実は、いつもお参りにきていただいております、お坊様がおっしゃられておりました。

    そして最も大切なのは、お盆の間、同じお供え物を供え続けるのではなく、

    毎日、日替わりで、新しい物に変えてくださいとの事です。

    人間も、毎日同じものより、新しい物を好むのと同じ事らしいですよ!

    宗派によって違いますが、

    京都では

    13日
    おけそく(白餅)、お迎えだんご、おはぎ、はす菓子

    14日
    おけそく(白餅)、白むし(もち米のご飯)、おはぎ

    15日 
    おけそく(白餅)、お送りだんご、白むし(もち米もご飯)

    16日 
    おけそく(白餅)、お送りだんご

    是非ご参考になさってくださいませ。

    ≪お盆のおはぎと蓮菓子≫



    昨晩仕事が終わってから当店からすぐの壬生寺にいきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     壬生寺 の万灯会はたいへん古く、約850年前かららしいですよ!!

     

     期間中は各家のご先祖追善を願った灯籠が、本堂前に千灯以上奉納されます。

     

      

    この千灯以上の提灯を飾り、ご先祖様のお供養をしていただいているのです。



    毎年、万灯供養会は8月9日〜16日に、日没〜22:00まで行われます。

    普段とは違う、夜の壬生寺は神秘的です。

    怖いなんて、全く思わせない雰囲気です!!

    本堂横で亡くなられた方の戒名・俗名を水とうばに書いてもらい、本堂に納めます。

    本堂には万灯が飾られ、日没〜灯ります。


    値段は初年度が2000円、次の年からは1500円になります。

    もちろん当家も毎年参加しております。

    京都の方以外でも、どなたでも、ご先祖供養をなさっておられるとの事です。

    。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵

    ランキングに参加しております
    応援していただけると大変うれしいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


    にほんブログ村 スイーツブログへ

     

     

     

     

     

     

    posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 13:05 | - | - | - | - |
    土用のあんころ餅
    0
      div class="jugem_theme">

      JUGEMテーマ:グルメ

      暑い日が続きますね、梅雨が明ければ、猛暑!

       

       

       

       

       

      そして、もうすぐ土用。

      土用といえば、そう鰻!!

      でも実は和菓子のあんころ餅も食べる日なんですよ!!

      今年は19日の入りの日があんころ餅を食べる日です。

      「土用は、あんころ餅(もち)で暑気ばらい」

      あんころもちは別名「土用餅」と呼ばれ、

      京都を中心に関西一円で広く土用の暑気払いに食されております。

      その昔、土用の入りの日に宮中で、芋の葉の煮出し汁でもち米を練り、

      丸めたものをみそ汁に入れて暑気あたりを防いだのが起源とされ、

      江戸中期からそれが現在のようなあんころもちに転じたそうです。

      夏バテに甘味をとることが昔からの言い伝えで、

      今も伝統は守り継がれているわけですね。



      土用といえば、ウナギしか頭に無いとお思いの方は

      あんころも頭に入れてくださればありがたいです、

      「冷えた麦茶とあんころ」で酷暑に打ち勝ってください。



      あんころ餅は中身がお餅が入っております。


      粒あん、こしあんの2種類ご用意いたしました。


      《こちらは、粒あんです。》

      20日の入りだけがあんころ餅を食べる日では、ありません。

      京都のほとんどの和菓子屋さんでは、7月いっぱいまでは販売されております、

      当店では、8月1日水曜日まで販売しております。

      8月1日は午後3時まで営業しております。皆様もお近くの和菓子屋さんで、あんころ餅がございましたら、
      暑気ばらいに是非、お召し上がりくださいませ。
      >。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。

      ランキングに参加しております
      応援していただけると大変うれしいです。
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


      にほんブログ村 スイーツブログへ

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 18:45 | - | - | - | - |