PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
亥の子餅
0

    JUGEMテーマ:グルメ

    京都の和菓子屋さんに11月になると店頭に並びます、亥の子餅です☆

    亥の子餅(いのこもち)とは、

    旧暦の10月の「亥の日」の「亥の刻(午後9時〜11時)」に

    大豆・小豆・ささげ・胡麻・栗・柿・糖の七種を混ぜ込んだ

    七色のお餅を食べると万病を防ぐとの言い伝えた

    中国の風習からうまれたお餅なんです。


    日本でも平安時代頃に伝えられ、

    猪子形に作った「亥の子餅」を朝廷に献上する儀式があったそうです。

    一方、イノシシは1年に12匹の子供を産むとされ、イノシシの多産と

    健康にあやかりたいという願いから広まり、

    こうした習慣を定着させたとも考えられています。


    新暦10月よりも旧暦10月(新暦11月)に入ってから販売されることが多いんです。。

    当店では、ニッキとゴマ、求肥を使用した生地の中に粒あんを入れております、

    生地にあんこを混ぜて黒くしているお店や白ゴマ、はったい粉をふってるお店、

    栗餅を亥の子餅といっているお店もあり

    店によって全く違うのも、亥の子餅の独特の特徴なのかも知れませんね。



    真ん中をようじでパカッと切ってみると

    中身はつぶしの粒あんが入っております。




    生地には所々いぶったゴマが混ざっております

    ほのかなニッキの香りといぶったゴマとが良く合うと思います。

    今年の旧暦には是非、お近くの和菓子屋さんの亥の子餅で厄払してください。



    本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。 >;。;;。。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵

    ランキングに参加しております。
    応援していただけると大変うれしいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


    にほんブログ村 スイーツブログへ

    JUGEMテーマ:グルメ
    posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 21:21 | - | - | - | - |
    新栗入り栗もち
    0

      JUGEMテーマ:グルメ

      生地は餅米にほんの少し塩を入れた生地にしてあります。





      栗は愛媛産です、

      40分蒸したホクホクの栗を使用してます。



      自家製の北海道産粒餡によく絡むようにその栗を入れて

      餡子と栗のバランスを考えて生地に包みこんでいきます。   

      出来あがったのがこちらです。


      ↓    ↓    ↓





      今、当店で、人気の商品でございます。

      栗の商品は、

      ☆栗水無月、 栗餅、 栗赤飯、 栗きんつば

      などが店頭に並んでおります♪
      ;;。。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。

      ランキングに参加しております
      応援していただけると大変うれしいです。
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


      にほんブログ村 スイーツブログへ

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 20:38 | - | - | - | - |
      仲秋の名月 月見団子
      0

        9月24日月曜日は何の日かご存知ですか〜??☆

        「そう!!中秋の名月、お月見の日です。」


        虫の声を聞きながら

        お団子を食べてのお月見いたしませんか?

        風流な日本の最高の楽しみかたです♪

        お月見には色々な食べ物を供える風習がありますが、実は平安時代にはまだ

        供える風習は無く江戸時代から供えられるようになったらしいです。

        この十五夜の月を観賞するのに、里芋の子の皮をつけたままで蒸した衣被を盛って供えた

        ところから十五夜は芋名月と呼ばれています。

        江戸がお月見団子を丸形にするのに対し、

        京都ではこの芋型になったといわれているそうです。


        こちらが、芋型のお団子です。



        当店も、もちろん芋型で、

        その芋型のお団子に衣装を付けたのが

        コチラです京都はこの形が定番ですよ。
        ↓    ↓     ↓

        こしあんの月見団子でございます。

        お月見にススキがよく使われますが、

        これはススキには、魔よけになるという俗信があるからです。

        お月見に添えたススキは、お月見が終わった後に、すぐに捨てたりせず

        ススキを庭に差したり、門、水田に差したりします。

        お月見をあまりしない方も今年の中秋の名月はお団子とススキを供え

        秋を味わってみてはいかがでしょう?


        今年の9月24日は、どうかいいお月見ができますように!!;;。。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。

        ランキングに参加しております
        応援していただけると大変うれしいです。
        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


        にほんブログ村 スイーツブログへ

         

         

         

         

         

         

         

        posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 11:02 | - | - | - | - |