PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
京の伝統行事 梛神社のお祭り
0


    こんにちは〜ご無沙汰しております。
    最近、やっと春らしくポカポカ陽気になり非常に過ごしやすくなりました。

    そんな5月の半ば、毎年行われるナギ神社の神幸祭。
    当店すぐそばの元祇園のナギ神社さん主催で行なわれます。

    馬に乗られているのはナギ神社の神主さんや息子さん

    いつも、大変お世話になっております。

     

    神幸祭(しんこうさい)とは、神霊の行幸が行われる神社の祭礼です。

    神霊が宿った神体や依り代などを神輿に移し

    氏子地域内への行幸、御旅所や元宮への渡御などが行われる行事なのです。

    近所の氏子の人々を中心にした行列でバラエティー豊富なパレード。

    鼓笛隊、獅子舞、猿田彦、剣鉾、花傘、神輿

    そして鳳輦(スサノオのみこと)と
    壮大な巡行です。

    巡行は5月第三日曜の午後1時頃神社を出発し、壬生をぐるっと1周して

    およそ午後3時に檜児童公園でいったん休憩をとり後4時過ぎに

    ナギ神社に帰って来ます。

    毎年、巡行の道順が変わるのも楽しみの一つで

    当日に先立ってお祭りの予行の巡行は、当店前を通ったのですが

    今年の本番は、残念ながら当店前の巡行がありませんでした。



    壬生のお子さんが主体となった鼓笛隊は、とてもかわいい!!




    実は、わたくしも以前,装束を着飾りこの巡行に参加した事があるんですよ!!



    お祭りに欠かせない獅子舞!!

    何故か、いまだにタムケンを思い出します(笑)

    頭を獅子舞に噛まれることで邪気を追い払う、運気が上がるという事で

    お子さんを抱いた親御さんが近寄ってくるのですが・・・・・

    お子さんの方は、やはり怖いので「ぎゃ〜〜ぎゃ〜〜〜」泣いてしまいますよね!





    そしてお祭りには欠かせないのがお赤飯です☆

    当店はこのお祭りには早朝からお赤飯を炊きっぱなしの1日です。




    お祭りには、必ず家族が揃ってお赤飯でお祝いする

    そんな風習が京都にはございます。

    近年、忙しくなかなか家族皆が揃う機会や、時間がないご時勢ですが

    この日だけは皆が一緒になって祝いたいものです。

    古くからの習わしや風習は、いつまでも守り続けていきたいものです♪

    ☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。

    ランキングに参加しております
    応援していただけると大変うれしいです。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


    にほんブログ村 スイーツブログへ

     

     

    posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 10:15 | - | - | - | - |
    ちまき
    0
       

         
      ところで端午の節句に何故、粽を食べるのでしょう?

      調べてみると

      そもそも中国から伝わったという説が強く

      中国は戦国時代、楚(そ)の国の高名な詩人、屈原(くつげん)という

      国王の側近で人々からも慕われていた方が

      陰謀のため国を追われることになった事から

      汨羅(べきら)という川に飛び込み自殺をする事に、

      JUGEMテーマ:グルメ

      こんにちは〜

      当店では、今年も恒例の粽づくりが始まりました。



      当店では米の粉でつくった粽のしんを笹にくるんでいきます。



      しん1本に笹の葉っぱを3枚使用して巻きます。




      その3枚重ねた束をイガラで縛っていきます、

      お子さんの人格を重んじて、ご多幸とご成長を念じて。

      最後に粽を蒸す事により、笹の香りや風味がしんに浸透するわけなんです。

      5本束や10本束に仕上げていくのですが、

      最近は殆どが5本束が主流になっています。


      その日が5月5日だったんです。

      屈原の死を悲しんだ人々は、たくさんのちまきを川に投げ入れた事が今の日本に伝わり

      端午の節句にちまきを作って食べるという風習になったとされています。

      なんと中国のお話が、今の日本に定着しているとは

      本当に不思議なことですね〜(−−〆)。



      そして、そして、京都の壬生では、恒例の壬生狂言が始まります。

      当店から歩いて1分の所です。



      鎌倉時代から続く伝統芸能です。

      壬生寺を興隆した円覚上人が、悪疫駆除のために仏の教えを庶民にわかりやすく

      身振り手振りで伝道したのが始りと伝えられています。

      一般の能狂言とは異なり、かね・太鼓・笛の囃子に合わせ、

      全ての演者が仮面をつけ、全く無言で狂言が演じられます。

      午後から1日5番ずつ上演されます。

      是非行ってみてくださいね。

      ;;☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆。∵。☆

      ランキングに参加しております
      応援していただけると大変うれしいです。
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
      にほんブログ村 スイーツブログへ

       

      posted by: 幸福堂の菓子職人 | 和菓子 | 20:38 | - | - | - | - |